気になってくるのが女性ホルモンの減少によるたるみ、しわなど…

突然肌の乾燥、シミやしわ、くすみなどの悩みも深刻になるのも40代に入ってから…

若い頃の肌の悩みは何だったでしょうか。

10代の肌の悩みの代表的なものは思春期特有のニキビです。

20代、30代と年齢を重ねると、今度はホルモンバランスの乱れが要因で大人ニキビや肌荒れに悩むことになります。

40代に入るころは大人ニキビができなくなり、トラブルが少ない時期です。

しかし、40代半ばに差し掛かるころになると、今度は加齢による肌の変化に悩み始めることになります。

まず、気になってくるのが女性ホルモンの減少によるたるみ、しわなどです。

女性ホルモンのエストロゲンは真皮のコラーゲンを増やす働きがありますが、エストロゲンが失われることによって肌にハリがなくなり、たるみを引き起こすのです。


また、若い頃は気にならなかったのに突然肌の乾燥に悩まされるのも40代に入ってからです。

これも女性ホルモンの減少と関係しています。

女性ホルモンのプロゲステロンは皮脂の分泌を促進する働きがありますが、これが減少することにより皮脂量が大きく減少し、乾燥を招くのです。

さらに肌の表面はセラミドといいう潤い成分で守られていますが、加齢によりセラミドを分解する酵素が増えてくるので、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌を招きます。

乾燥が進み、バリア機能が低下すると、紫外線や花粉などさまざまな外部刺激に敏感になります。


乾燥は顔だけではなく、全身に起こります。

肌のバリア機能が完全に壊れると、皮脂欠乏症となり、皮膚科での治療が必要となってしまいます。

顔だけのお手入れしかしていないという人は、体にもボディークリームを塗るなどのケアをするようにしましょう。

入浴の際にナイロンの素材のタオルやスポンジで擦りすぎると肌のバリア機能を壊すので控えるようにしましょう。


また、40代になるとシミやしわ、くすみもの悩みも深刻になってきます。

これまでに浴びた紫外線のダメージが一気に肌の表面に姿を現すのです。

若い頃は28日周期だった肌のターンオーバーも1ヶ月半~2ヶ月と遅くなってくるので、くすみも出やすくなってきます。


このように40代は肌の変化を感じ、これ以上スキンケアをしても改善しないのではと感じることもあるかもしれませんが、お手入れ次第でまだまだ回復させることができます。

肌のターンオーバーを促すビタミンC誘導体やプラセンタが配合されたものや保湿効果の高い化粧品で念入りにケアを行いましょう。

肌の水分量だけではなく、皮脂量も大きく減っている時期なので、クリームやオイルも積極的に利用するのがおすすめです。

もちろん、紫外線ケアは必須です。

いろいろと肌の変化に悩む40代ですが、毎日のケアで未来の肌が決まってくるので、丁寧なスキンケアを積み重ねるようにしましょう。



化粧品人気ランキング@40代へおすすめ

40代のおすすめ化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果を、ランキングでご紹介します。

詳しくは、コチラ↓

化粧品人気ランキング@40代へおすすめ