たるみ毛穴は特に皮膚が下がりやすい頬の毛穴に多い…

丁寧にメイクをしても、何となく肌のキメが荒れて見えてしまうのは、毛穴のたるみが原因かもしれません。

40代の肌は20代や30代の頃と比べると新陳代謝のサイクルが長くなり、皮膚の生まれ変わりに必要な成分も減少しがちです。

肌を支える力が弱くなって重力に負けてしまうと、開いた毛穴が垂れ下がってティアドロップ形になってしまいます。

たるみ毛穴は特に皮膚が下がりやすい頬の毛穴に多く、皮膚を指で伸ばしたり髪をギュッと後ろに束ねたりすると、たるみ毛穴は目立たなくなることがあります。


ただ単に開いている毛穴なら、ピーリングなどで角質ケアをしてから、収れん化粧水で肌を整えるというスキンケアで対応できるのですが、40代のたるみ毛穴には、弾力やハリを取り戻すようなお手入れが必要になります。

皮膚を支えている真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといったハリと弾力を維持するための成分が存在しています。

真皮層の美容成分が少なくなってくると、密度が低下して層が薄くなってしまうため、表面が緩んでしまいたるんだ状態になってしまうのです。


40代になり、たるみ毛穴が気になってきたら、繊維芽細胞を活性化する成分が配合されているスキンケア製品を使ってみましょう。

繊維芽細胞は真皮層でコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを作り出している部分で、この細胞が活発になってくると美容成分の量が増えてくるため、ハリと弾力を取り戻す効果が期待できます。

繊維芽細胞に働きかける成分には、ビタミンC、レチノール、プラセンタなどがあります。


真皮層は角質層のさらに奥にあるので、一度ダメージを受けてしまうと回復しにくい部分です。

真皮層を守るためには、その上にある基底層や角質層を健康にして、バリア機能を高めることも効果的です。

保水力の高いセラミドのような成分が配合された化粧水で乾燥対策をしていると、バリア機能が回復してくるので真皮層をガードする力も高まってきて、たるみ毛穴の予防につながります。


メイクで簡単にカバーしたい時は、凹凸を滑らかに整える効果のある化粧下地を使ってみましょう。

キメの粗さを隠したいからといってファンデーションを厚塗りしてしまうと、余計に凹凸が目立ってしまうので、下地で滑らかにしてから薄づきのファンデーションで仕上げると、ナチュラルで化粧崩れがしにくくなります。

保湿効果があるタイプや光を拡散する粒子を使ったタイプ、皮脂をコントロールしてくれるタイプなど、肌質に合わせて選べるので、キメの粗さを感じさせないつるんとした質感に仕上がります。


化粧品人気ランキング@40代へおすすめ

40代のおすすめ化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果を、ランキングでご紹介します。

詳しくは、コチラ↓

化粧品人気ランキング@40代へおすすめ