肌トラブルの多くは、加齢による細胞老化が原因です。

40代になると、それまでの肌に関する悩みが加速してきます。

シワが目立つようになり、表情を作った時にできていたシワが定着してきて、口元や頬のたるみが気になりだしてくる年代でもあります。

血行不良による悩みも増えてくるので、目の下のクマが目立ってきたり、顔色がさえなくなって全体的なくすみなども気になってきます。


40代での肌トラブルの多くは、加齢による細胞老化が原因になっています。

ですから、普段のお手入れで使う化粧水や乳液などは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの直接的な成分の他にも、細胞の老化を抑える働きのある成分が配合されているものを選びます。

こうした肌年齢を上げる作用がある成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

老化は活性酸素によって細胞にサビが生じるため…

老化は細胞にサビが生じる事で起こると言われていて、体がさびる原因とされているものが活性酸素です。

体内の活性酸素が増えてしまうと正常な細胞を攻撃し始めるので、細胞がダメージを受けてしまいさまざまな症状が発生します。

活性酸素は紫外線やタバコ、ストレスなどでも増加する傾向があり、肌に関するトラブルではシミやシワができたり、肌細胞の弾力が失われてハリがなくなり、たるんでくるといった状態になります。

肌年齢を上げる作用がある成分

40代の肌に若々しさを取り戻し、老け顔から脱却するには、抗酸化成分が配合されている化粧水を選ぶようにします。

抗酸化成分にはさまざまな種類がありますが、中でも人気が高いのはアスタキサンチン、コエンザイムQ10、プラセンタなどです。

40代のお肌のお手入れにはこれらが配合されている化粧水を活用していきます。

また、抗酸化以外にも、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど肌の弾力を高める作用があるものや水分量をキープしてくれるものが含まれていると、さらに効果が期待できるためおすすめです。

日常のお手入れ方法

日常のお手入れ方法ですが、手またはコットンに適量の化粧水を取り肌にじんわりと浸透させていきます。

力強くたたきながら化粧水を肌に押し込む付け方は皮膚に刺激を与えてしまうので、使い方としては適していません。

40代の皮膚はデリケートなので、お手入れをする時はなるべく無理な力を加えないようにやさしく化粧水をなじませてください。


乾燥が気になる時や季節の変わり目などには、コットンパックを行います。

コットンパックは洗顔後に行い、時間は3分程度にして長時間放置しないように気をつけます。

コットンパックを長く放置してしまうと反対に乾燥がひどくなったりニキビなどのトラブルを招く原因にもなるため、ケアする時間と頻度はしっかり守るようにします。


化粧品人気ランキング@40代へおすすめ

40代のおすすめ化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果を、ランキングでご紹介します。

詳しくは、コチラ↓

化粧品人気ランキング@40代へおすすめ