40代の美白ケアでは光老化によるシミと、糖化によるくすみの解消を目指してスキンケア

色が白くてキメの整った透明感のある肌は、年齢を感じさせない肌の条件です。

40代の美白ケアでは光老化によるシミと、糖化によるくすみの解消を目指してスキンケアをしていきましょう。


光老化は、細胞が紫外線のダメージを受けることで発生します。

紫外線には波長が短くメラニンを増やす原因になるUV-B波と、波長が長く表皮から真皮層まで届いてコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうUV-A波があります。

どちらも40代の肌にとって悪影響を及ぼすので、毎日の紫外線対策は欠かせません。


外出する時には日焼け止めを塗って、さらに帽子をかぶったり日傘をさしたりすることで、大抵の紫外線はブロックできます。

夏は日差しが強いので紫外線対策に気を使いますが、曇りの日や気温が低い冬になると、意外と紫外線対策をさぼってしまうので要注意です。

春や秋もまだまだ紫外線量は多く、雪が積もると反射した紫外線を吸収しやすくなってしまうので、美白のためには一年を通して紫外線対策が必要になります。


紫外線によって発生したメラニンの生成を抑える成分には、ビタミンCやエラグ酸、プラセンタ、アルブチン、ハイドロキノンなどがあります。

これらの成分はメラニンの生成に関わっているチロシナーゼを抑える働きがあるので、美白成分として基礎化粧品に配合されています。

特に、ハイドロキノンとビタミンCは色素を還元する作用があるので、既に沈着してしまった色素を薄くする効果が期待できる成分です。


ただ、敏感肌に傾きがちな40代にとって、刺激の強いハイドロキノンやビタミンCで美白ケアをしていると、炎症やかゆみなどのトラブルを招いてしまうケースがあります。

ラズベリーなどの果実から抽出されたエラグ酸やハイドロキノンの効果を弱めたアルブチンは、刺激が抑えられているので40代のお手入れに使いやすくなっています。


全体的に顔が黄色っぽくくすんでいるのは、糖化が原因です。

糖化は体内の糖質が肌を構成しているタンパク質と結びついた結果、発生するくすみのことで、タンパク質が変性して焦げたようになってしまうため、皮膚がくすんでしまうのです。

糖化はくすみだけではなく、細胞を劣化させるためシワやたるみも引き起こしてしまいます。


糖化対策をスキンケアに取り入れるなら、美白成分として抗糖化作用のあるコウジ酸やヨモギ、コウキエキスなどが配合されている化粧品を使ってみましょう。

そして、炭水化物を食べ過ぎないこと、食事をゆっくり食べることも糖化対策になります。


免疫力や抵抗力が衰え始めている40代は、皮膚を擦り過ぎることも色素が沈着する原因になるので、洗顔やお手入れの時にはあまり力を加え過ぎないようにしましょう。



化粧品人気ランキング@40代へおすすめ

40代のおすすめ化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果を、ランキングでご紹介します。

詳しくは、コチラ↓

化粧品人気ランキング@40代へおすすめ