乾燥はあらゆる肌トラブルの原因…バリア機能や回復機能が著しく低下

シミはどの年代でも出現し得る肌悩みのひとつです。

ただ年齢が若いと、肌の機能が高いため、シミも目立ちにくい、あるいは本格的に出現する前にターンオーバーで剥がれ落ちてしまいやすいと言えます。

その点、40代は肌機能が少しずつ、低下し始める年代です。

また肌のコンディションを保つ役割を果たしている女性ホルモンの分泌も、少しずつ減少していくことから、シミが出現しやすい、そしていつまで経っても目立ったままで残りやすいと言うことができます。

これまで浴びてきた紫外線ダメージなどが出現しやすいと言うのも、40代ならではだと言うことができます。


シミに悩む40代におすすめの美白コスメとしては、保湿機能に優れた成分を含んだものであり、なおかつ肌に刺激が少ない美白成分を含んだものが挙げられます。

まず保湿機能についてです。

シミと保湿、一見すると無関係のように思われるかもしれませんが、乾燥はあらゆる肌トラブルの原因とも言われています。

それは肌の乾燥が深刻になると肌のバリア機能や回復機能が著しく低下するためです。

バリア機能が低下すれば、少しのダメージでもメラニン色素が過剰に分泌されやすくなり、それはシミの出現につながります。

そして回復機能が低下していると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期も乱れやすくなり、いつまで経ってもシミが薄くならないような状態が続いてしまいます。

普段から乾燥肌に悩まされている人は、40代になりますますその程度が酷くなることも考えられます。

ですからまずは、何はともあれ肌を保湿する機能を持ったコスメを利用するのがおすすめです。

そしてその上で、シミやその原因であるメラニン色素に働きかける成分を含んでいるコスメを使用することが望ましいです。


美白に対して有効性が期待できる成分としては、まずはビタミンC誘導体が挙げられます。

メラニン色素を活性化させる活性酸素の働きを抑制し、更に肌の弾力成分であるコラーゲンの生成に働きかける作用が期待できるビタミンCを、人工的に安定化させたのがこの成分です。

それからハイドロキノンで、こちらは発生してしまったメラニン色素を薄くする、漂白作用に優れている成分です。

このふたつは、比較的、早い段階での高い効果が期待できる成分とされていますが、その分、少し刺激が強いと感じることが多いとも言われています。

ですから自分の肌の状態と相談しながら利用するのが望ましいです。

メラニン色素が生成される過程を阻害する美白成分としては、エラグ酸やアルブチン、コウジ酸などが挙げられます。

これらの成分は、植物や麹菌が由来となっているので、比較的、刺激が少ないのが魅力です。

ですから敏感な40代の肌にも、安心して使用することができます。



化粧品人気ランキング@40代へおすすめ

40代のおすすめ化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果を、ランキングでご紹介します。

詳しくは、コチラ↓

化粧品人気ランキング@40代へおすすめ