角質層の潤いを高めてくれるセラミドが配合されている基礎化粧品でケア

40代になるとホルモンバランスの変化が大きくなり、以前とは違う肌の悩みが発生してきます。

女性ホルモンが減ってしまって皮脂分泌が過剰になってしまったり、乾燥して刺激に弱くなったしまったりという具合に、肌質が変化してしまうこともあります。

40代のスキンケアでは、変化していく肌質に合わせて基礎化粧品も変えていきましょう。


どの年代にもスキンケアにも当てはまるのですが、きれいで健康な肌を育てるために最重要なのは、肌の保湿です。

40代になると肌の回復力が衰えてくるので、若い頃のようなスキンケアで済ませていると、一気に老化へと突き進んでしまいます。

肌の水分が不足して、乾燥しやすい肌質になっていると、キメが乱れてダメージが肌内部に入り込みやすくなるため、すぐに赤くなったりかゆくなったりする敏感肌になってしまいます。

弱った肌は老廃物を押し出す力も低下してしまうため、古い角質が肌に残ってしまって、ニキビができやすい肌質になってしまうのです。


40代の肌は少しずつターンオーバーが衰えてくるので、紫外線を浴びて作られたメラニンは代謝されずに内部に定着してしまい、やがてシミとなって肌に残ってしまいます。

保湿は肌のターンオーバーを正常にする働きもあるので、角質層の潤いを高めてくれるセラミドが配合されている基礎化粧品でケアをしてみましょう。

皮脂分泌が多くなってきた時や肌の弾力をアップしたい時、肌の透明感を高めたい時には、ビタミンCやプラセンタが配合してある基礎化粧品が最適です。


でも、疲れを感じやすくなった40代の肌は、基礎化粧品に配合されている成分によって刺激を受けてしまうこともあります。

ビタミンCやレチノールなどは刺激を感じることがあり、肌が弱っていると美容成分が効果を発揮できなくなるので、まずは肌の健康状態を回復してからエイジングケアをしていきます。


アルコール成分が入っている基礎化粧品は、さっぱりした使用感で毛穴を引き締める効果がありますが、蒸発しやすい性質があるので、肌につけた時に水分を一緒に奪っていきます。

皮脂が多い肌質には向いているのですが、乾燥がひどい肌質の方がアルコール入りの化粧水を使うと、余計に乾燥しやすくなってしまうので肌に負担がかかってしまいます。

疲れやダメージが出やすい40代の肌質には、刺激を抑えた成分で作られていて、保湿力の高い基礎化粧品が向いています。

保湿力を強化している化粧水はコクのあるテクスチャーが多いので、使用後にべたつきを感じてしまうことがあります。

低分子で浸透力に優れているタイプはどちらかというとサラッとした使用感になります。

ライン使いができるトライアルセットもたくさん販売されているので、ミニサイズでお試ししてみて肌質に合うかチェックしてみましょう。



化粧品人気ランキング@40代へおすすめ

40代のおすすめ化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果を、ランキングでご紹介します。

詳しくは、コチラ↓

化粧品人気ランキング@40代へおすすめ