肌のうるおい、ハリ、ツヤが失われていくのが40代の肌の特長…

40代は本当の意味での肌の曲がり角と言われています。

40代に入る手前が肌は一番安定していますが、女性ホルモンの低下にともない、今度は乾燥という肌の悩みが出てきます。

女性ホルモンのエストロゲンは肌のうるおいを守り、真皮のコラーゲンを増やす働きがあります。

コラーゲンは皮膚の構造をつくり、弾力性を保つ基礎となります。

また、別の女性ホルモンのプロゲステロンは皮脂の分泌を促進する効果があります。

ところが、更年期が近づくとともに、女性ホルモンが減少し、それにともなって肌のうるおい、ハリ(弾力性)、ツヤ(皮脂)が失われていくのが40代の肌の特長といえます。


男性も実は更年期に近づくと女性と同様のことが言えるのですが、女性の方がより早く表面化しやすいのです。

肌のターンオーバーが加齢により長期化するため、シミなども表面化しやすく、『肝斑』というシミがでてくるのも40代ならではの特長です。

更年期や加齢により肌質が変わることは仕方ないにしても、美しさを放棄してしまうには、40代はまだまだ早い年齢です。

正しいケアを施して、老化をなるべく遅くしたいものですね。


そのための対策として、一番重要なのが『保湿』と『UV対策』です。

『保湿』はすべてのトラブルのかなめです。

基礎化粧水は保湿成分の『セラミド』が配合されているものがよいでしょう。

40代では、セラミドもセラミダーゼという酵素に分解されて、減少しています。

そのため、外から補ってあげることにより、うるおいを保つことができます。

また、真皮のコラーゲンの減少によりハリが失われると説明しましたが、コラーゲンは化粧品などで外から補給しても真皮までは届きません。

化粧品に含まれているコラーゲンは保湿効果以外なんの意味もありません。

その代わり、おはだのハリを保つためにはビタミンC が有効です。

ビタミンC誘導体配合の化粧品はコラーゲンの生成に役立つばかりか、シミのケアにも有効です。


シミは、若いころからのUV対策が大きくものをいいますが、出来てしまったシミにはビタミンC誘導体含有の化粧品やレーザー治療、ケミカルピーリングなど複数の選択肢があります。

ただし、通常のシミに有効と言われているレーザーが効かないタイプのシミもありますので、ご注意ください。

それは、40代特有の『肝斑』です。

肝斑は女性ホルモンの減少が原因と考えられているシミで、左右の頬に対称にシミができるのが特徴です。

肝斑は内服薬で治る場合があるため、皮膚科を受診するようにしましょう。


このように40代とは大きな変化の節目を迎える時期です。

いたずらに落ち込む必要はなく、正しい知識と無駄のないスキンケアでいつまでも若々しいおはだでいたいものですね。


化粧品人気ランキング@40代へおすすめ

40代のおすすめ化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果を、ランキングでご紹介します。

詳しくは、コチラ↓

化粧品人気ランキング@40代へおすすめ